『いいね!』と思う同僚の言動・振る舞い

 

 児童養護施設では子どもの生活支援を行っていますが、ひとりの職員がひとりの子どもを支援するのでは

なく、複数の職員が多数の子どもの生活をみています。直接支援と呼ばれる、子どもの日々の生活のケア

をする職員の他に、専門職と呼ばれる職員や管理職も子どもの生活に関わります。多くの大人が「チーム」

となって子どもの支援を担っています。

 

 

 「チーム」ではお互いを尊重して理解し合い、子どもの支援をしていくことが何より大切です。今回の

「れんげのおはなし」では、『いいね!』と思う同僚の言動や振る舞いについて職員から話を聞きました。

 

1. コミュニケーションが上手にとれる!

・話を聞いてくれる。

・先輩後輩は関係なく、躊躇なく、裏表なく話をしてくれる。

・細かい所によく気付き、話をまとめるのが上手い。

・様々な意見を調整し、誰も傷つけず話をまとめる。

 

2. 自分の意見をしっかり持っていて発信できる!

・誰にでもちゃんと自分の意思を伝えられ、自分の意見がぶれない。

・周りをよく見て適切なアドバイスができる。

・他人任せや我関せずという態度を見せず、当事者意識を持てる。

・相手が誰だろうと、疑問を持ったことは受け流さず向き合う姿勢がある

 

3. 気配りができる!

・みんなで解決できるよう「一緒に考えよう」という雰囲気を持っている。

・常に周囲に気を配って接することができて、後輩に安心感を与えるのが上手。

・物腰が柔らかく、誰に対しても対応が平等で偏りがない。

・疲弊している人を気にかける。

・言葉選びが巧みで優しく丁寧な言葉づかい。

 

 同僚から尊敬される職員は、子どもにとっても良いロールモデルになると思います。一般家庭の「家庭環境」が、施設では「職場環境」にあたるので、職場環境を良くすることは、子ども達の育ちにも大きく関わってきます。そういった意味でも、職員同士が信頼しあうことはとても大切なのです。

 

 これからも試行錯誤しながら、職員みんなで力をあわせて子どもの支援に取り組んでいます。

社会福祉法人 蓮花苑

児童養護施設 れんげ学園

〒207-0033

東京都東大和市芋窪5-1161-3

TEL: 042-565-8451

FAX: 042-563-8078

Email: info@rengegakuen.org

虐待かなと思ったら…

れんげ学園は、子ども虐待防止オレンジリボン運動に参加しています