あやめホーム

 

 あやめホーム(現在の女子ホーム)リーダーの小崎真由美です。気がつけば、れんげ学園で11年目の夏を迎えていました。

 

 今年は7年ぶりに臨海行事の付添いになりました。日焼けを恐れながらも、覚悟を決めていざ海へ!!海水浴、温泉等々…子ども達と一緒に思いきり楽しんできました。行事では子ども達が行きたい場所へ行き、食べたいものを食べ、寝る時間も起きる時間もうるさいことは言いません!食事も「今日は餃子がいい!」「焼きそばも食べたい!」など、一般のご家庭では当たり前のようなやりとりも、毎日の献立が決まっている施設ではとても新鮮です。

 

 買い物中にこっそりお菓子をカゴに入れる男の子。ホームでは反抗期でも、外に出れば年下の子に優しい女の子。そして、幼い頃から見てきた子が今は高校生となり、周りへの気遣いを忘れない素敵な女の子に成長していました。日々の支援で頭を抱える等なかなかうまくいかない事もありますが、子ども達のふとした瞬間の可愛さや、個々の成長に気付く度になんとも言えない気持ちになり、心が温かくなります。

 

  

 

 あやめホームは女子児童6名、職員3名全て女性という構成です。心根が優しい子ばかりの、普段は明るく笑いが絶えないホームなのですが、個性豊かなメンバーが集まり、また、年齢層がバラバラな為、時にはぶつかり合うこともあります。

そんな時は自分の課題と向き合い、相手の事を尊重出来る心が育つよう、子どもが望めば納得いくまで話し合いをします。子どもも大人も自分を知り、相手を知ることで共に気付きを得て、新しい一歩を踏み出せるよう日々奮闘中です!

 幼児さんはもちろん、実は高校生の子も数日前からドキドキワクワク待ち望む、年に一度の誕生日。誕生日の夕食は、バースデーガールがリクエストした特別メニューをみんなで食べて、大きなケーキとプレゼントでお祝いします。職員からはメッセージカードを送り、子ども達も「おめでとう!」の言葉を伝えたり、手紙をプレゼントしたり、大切なこの日を心を込めてお祝いします。「こんな風に誕生日を祝ってもらったのはじめて」と言って感動のあまり泣き出す子や、職員からのメッセージに嬉し泣きする子もいます。「お誕生日おめでとう。そして、生まれてきてくれてありがとう」子どもも大人も幸せな笑顔が溢れ、とてもほっこりする瞬間を味わえます。

 

 

 次回は子どもたちから「女子力高い!」という噂のやまぶきホームリーダー、西元職員が登場します。

仕事をきっちり丁寧にこなす、とっても尊敬できるリーダーです♪ お楽しみに!!

  

社会福祉法人 蓮花苑

児童養護施設 れんげ学園

〒207-0033

東京都東大和市芋窪5-1161-3

TEL: 042-565-8451

FAX: 042-563-8078

Email: info@rengegakuen.org

虐待かなと思ったら…

れんげ学園は、子ども虐待防止オレンジリボン運動に参加しています