児童養護施設の事務職の仕事

 

 こんにちは。リレー方式のこのコラム、第二走者を務めさせていただきます事務職員の千田仁恵です。

 

子どもと外で遊ぶ事務員!

 

 「事務の仕事」というと、金銭の管理や書類の管理等のデスクワークが頭に浮かぶと思いますが、それだけではないのが「児童養護施設の事務の仕事」だと思っています。もちろん、私が子ども達から「お金の先生」と認識されているように(笑)、日々の金銭管理や予算管理、措置費や補助金の請求事務がメインの仕事にはなりますし、デスクワークだけ行っていても業務としては成立するかもしれません。しかしながら、それだけではもったいない!と思うのです。

 

 「児童養護施設の事務」はそこで生活する子ども達のためのお仕事です。せっかく子どもがそばにいるのだから積極的に関わり、子どもや子ども達を支える職員がどんな事を考えてるのか、どんな事に困っているのかを知っていくことが大切なのです。そして自分が知り得たことを「児童養護施設の事務の仕事」に反映させることで、よりよい支援が出来るのではと考えています。

 

園舎の中庭でシャボン玉遊び

 

 そして何より、子ども達が見せてくれる表情やちょっとした行動が可愛くて面白い!児童養護施設の事務は、デスクワークに疲れた時の癒しの存在がすぐそばにいる、ちょっとお得な仕事ではないでしょうか(笑)

 

 これからも、日々子ども達と向き合うケアワーカーのお手伝いをしながら、子ども達が元気に生活できるようサポートし、「児童養護施設の事務職員」だから出来ることを探していけたらと思います。

「児童養護施設の事務職員」にご興味のある方、私と一緒にお仕事しませか? (^O^)v

 

 

 さて、リレー方式コラム、次回は子ども達と家族の架け橋になる頼れる存在、FSW(家庭支援専門相談員)にバトンを渡します!どんな話が聞けるのか・・お楽しみに!


社会福祉法人 蓮花苑

児童養護施設 れんげ学園

〒207-0033

東京都東大和市芋窪5-1161-3

TEL: 042-565-8451

FAX: 042-563-8078

Email: info@rengegakuen.org

虐待かなと思ったら…

れんげ学園は、子ども虐待防止オレンジリボン運動に参加しています