れんげ学園の基本理念

 

仏教教義にのっとり、知育・徳育・体育を三本柱として

日常生活を家庭的な雰囲気の中に過ごすことにより

将来人々を愛し、生きることそのものを愛する心を持った若者を育てていく

 


施設長からのご挨拶

 令和3年度の幕開けとなりました。昨年から続く新型コロナウィルスの蔓延に伴い、世界規模で混沌とした状況が続いています。れんげ学園においても、新たな生活様式を整えざるを得ない状況になっております。このような状況下で、いかに子ども達の生活を豊かなものにしていくか、試行錯誤する毎日です。

 

 この度多くの皆様からのご支援を得て管理棟が完成し、これで学園全体の改築工事が終了致しました。昨年度末には8名の児童が卒園し、新たに8名の子ども達がやって来て、新しい建物でにぎやかな新年度を迎えております。

 

 大舎制から小舎制への移行、新たな子育て支援事業の取り組み、そして地域の皆様方との協働など、今後は新しくなった園舎を活用しながら、様々な事業を進めていきたいと思っております。

 

 これまで同様、ご指導・ご支援を賜りますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

相澤 靖






本園・グループホームのご案内

 

子ども達は本園(小規模ユニット)とグループホームに分かれて生活しています。

狭山緑地などの緑に囲まれた自然豊かな土地で、のびのびと暮らしています。

本園(小規模ユニット)

「すみれ」

個々にあわせて、

様々な経験の幅を広げる 

 

子ども達ひとり一人が、自分のやりたいことに取り組み、様々な経験が積めるよう支援します。

「こでまり」

自分と相手の違いを認め、

お互いを大切にする

 

他者を尊重し、重んじ、大事にすることで、自分も大切にできるよう支援をします。

「あさがお」

強みを伸ばし、自分のペースで

焦らずゆっくりと目標にすすむ

 

子ども達が自分のペースや強みを知ることで、自信をもって目標に向かっていけるよう支援します。

「あやめ」

「心ひとつ」~温かい暮らしの中で

豊かな心を育もう~

 

子ども一人ひとりに寄り添い、時には応援団となり、豊かな心が育めるよう支援をします。

「やまぶき」

メリハリのある生活を送り、

『権利』についての自覚をもつ

 

生活をする上で、その時々の優先順位を考えながら、メリハリをつけた行動ができるよう支援します。

「すずらん」

安全・安心を第一とした生活を

日々おくる

 

適切な距離間について子ども達と一緒に考え、心地よい生活ができるよう支援します。


地域型ホーム

小規模グループケア

地域型ホーム「たんぽぽ」 

根強く飛ばせ、たんぽぽのタネ

 

子ども達が新しいことに対して、積極的にねばり強く挑戦できるよう、職員は支援します。

地域小規模型グループホーム

「なでしこ」

感謝する心を育む

 

挨拶を通じて、自分も地域の一員であるという意識を持ち、感謝する心が育めるよう支援します。


社会福祉法人 蓮花苑

児童養護施設 れんげ学園

〒207-0033

東京都東大和市芋窪5-1161-3

TEL: 042-565-8451

FAX: 042-563-8078

Email: info@rengegakuen.org

虐待かなと思ったら…

れんげ学園は、子ども虐待防止オレンジリボン運動に参加しています